製品情報

製品情報

【新発売】BUFFALO 屋外向け無線アクセスポイント

メーカー:BUFFALO

エアステーションプロ 法人向け インテリジェントモデル
防塵・防水 耐環境性能 無線LANアクセスポイント


WAPM-1266WDPR    希望小売価格:¥69,800

   出荷開始は2017年6月中旬以降の予定となります。

製品イメージ

レーダー波を監視、検知時には瞬時にチャンネルを切替える「DFS障害回避機能」
レーダー波を検知し、瞬時に影響のないチャンネル
に切り替えるDFS障害回避機能を搭載。
従来は、レーダー波検知からチャンネル切替まで
60秒、通信ができない時間が発生していました。
本製品はレーダー波監視専用アンテナを搭載し、
気象レーダーや航空レーダーなど、レーダー波
の常時監視を行うことで、瞬時にチャンネル切
替が可能。レーダー波の影響を受けるチャンネ
ルのある5GHzでも安定した通信を実現します。

 

有線LANの敷設工事が不要建物間の通信を低コストで実現
屋外環境に適した本製品をそれぞれの建物の軒下
に設置することで、建物間通信として利用いただけ
ます。端末と拠点間で異なる帯域を使い中継する
デュアルバンド同時通信で速度を落とさず通信が
可能。建物毎に必要であった専用線の月額費用や
敷設工事費用を削減、低コストで建物間通信を
構築できます。

 

動作保証温度 -25~55℃、過酷な温度環境に対応
空調が効かず高温・低温になりやすい場所への 
設置に最適。
動作保証温度-25 ~ 55℃で、1年を通して温度 
変化の大きい工場や牛舎など、過酷な環境での
無線LAN通信を実現します。

 

雨風や砂埃に強い、IP55対応の防水性能と防塵性能
防護等級IP55(防塵等級5、防水等級5)に対応
した高い防塵性能と防水性能を実現。塵や埃、
雨風の当たる学校や工事現場の軒下への設置に  
最適です。
基板フッ素コーティングで実現した耐腐食性能
硫化水素や塩水による腐食が原因で起こる基板の
故障をフッ素コーティングで防止。硫化水素試験
JIS C 60068-2-43※1と、塩水噴霧試験JIS Z
2371※2を実施しました。温泉地やホテルの
プールサイドでの無線LAN通信を実現します。

※1 JIS C 60068-2-43に規定された試験条件下で21日間試験を実施し、DUTが正常に 動作することを確認。
<試験条件> 硫化水素:10 ~15ppm、温度:25±2℃、湿度:75%

※2 JIS Z 2371で規定される中性塩水噴霧試験を48時間実施し、外観上で著しい腐食が見られないことを確認。
<試験条件> 中性塩水:5%、温度:35℃

 

主な仕様   
無線LAN 11ac/n/a/g/b 5GHz(W56) 866Mbps + 2.4GHz 400Mbps
対応オプション 外部アンテナ・同軸ケーブル: ホームページをご確認ください。
集中管理ソフト: WLS-ADT
有線LAN 1ポート 1000M/100M/10Mbps
電源 PoE IEEE802.3atに対応
最大消費電力 25.5W
外形寸法 W220×H280×D65mm ※本体のみ(アンテナ・突起部除く)
動作環境 温度:-25~55℃、湿度:0~90%
質量 約1306g(アンテナ、壁掛け金具含まず)
保証期間 5年間(標準保証3年間、ユーザー登録により2年間延長)
サポート機能 DFS障害回避機能、干渉波自動回避機能、電波出力調整、
電波混雑防止機能、ロードバランス(接続台数制限)、
バンドステアリング、MAC-RADIUS認証、内蔵RADIUSサーバー機能、
緊急時モード対応、VPNレスリモート管理機能
主な付属品 アンテナ×2本、マニュアル、保証書類×3、ねじ×8本、壁掛け金具×4個

製品情報

WEBカタログ

高文無線LANソリューション

雷対策ソリューション

このページの上部へ