製品情報

製品情報

【注目商材】エイチ・シー・ネットワークス Adapterシリーズ

メーカー:エイチ・シー・ネットワークス

「認証」「検疫」「ログ管理」「シングルサインオン」を容易に実現する、ネットワークセキュリティのトータルソリューション

製品イメージ

製品の特長

  • 国産ならではの優れた品質と手厚いサポート
  • ネットワークインテグレータによる開発
  • アプライアンス&わかりやすい管理画面ですばやい導入
  • 運用に必要な機能も1台に集約
 Account@Adapter+  RADIUS認証・アカウント管理・DHCPアプライアンス
 認証システムの機能を凝縮したRADIUSサーバー
  特長
 1.大規模ニーズにも応えるパフォーマンス
  ・最大20万アカウントを登録可能
  ・データベース構造を改良し、認証性能を大幅に向上
  ・DHCP統合管理機能で1:N環境を実現し、最大5万IPアドレス環境に対応
  ・リアルタイム同期&マスター昇格機能を搭載
  ・ディザスタリカバリー環境に対応
 2.管理者にわかりやすい操作画面
  ・GUIのデザインを刷新、操作性を大幅に向上
  ・日々の運用に必要なアカウント操作機能をトップ画面に集約
  ・ユーザー、端末、証明書、各種アカウント管理に適した専用画面で提供
 3.ユーザー利用申請システムの充実
  ・申請ポリシーを15種類に拡大
  ・端末申請、証明書申請、ゲストアカウント申請など、各利用シーンに合わせ申請画面のカスタマイズが可能
  ・DHCP利用端末申請を自動化
  ・ユーザーアカウント一括申請機能で、イベント用ゲストアカウントも楽々発行
  ・申請ポータルのログイン認証はLDAP/Shibbolethに対応
 4.外部LDAP/AD証明書発行機能
  ・外部LDAP/ADと連係し、既存アカウント情報をもとに証明書を自動発行
  ・Account@Adapter+内にはアカウントの手動登録が不要。アカウントの二重管理コストを削減
 機能一覧
機能名 機能説明
ユーザー/端末/証明書アカウント管理機能  ユーザー/端末/証明書アカウントを管理する機能
(作成、編集、一括インポート/エクスポート/証明書ダウン ロード、パスワード自動生成、MACアドレス自動取得、ユーザー/端末/証明書アカウント自動削除、パスワード有効切れフォロー通知メール)
認証機能(RADIUS)  認証スイッチなどからの認証要求に対して、認証結果を応答する機能
(Web認証、MAC認証、802.1X認証 EAP-MD5/TLS/TTLS/PEAP、ネットワーク属性管理、VSA設定、RADIUS Accounting、RADIUSプロキシ)
自己認証局機能(CA)  証明書を管理する機能
(CA証明書ダウンロード、自己サーバー証明書発行、外部サーバー証明書発行、外部認証局証明書インポート、証明書発行/失効ログ出力、失効リスト公開、下位認証局)
ユーザーツール  ユーザー/端末/証明書アカウント登録申請・編集・削除ワークフロー、証明書更新、端末情報自動収集、ゲストID自動発行、アカウント削除通知、パスワード期限切れ通知
冗長化機能 ユーザー/端末/証明書アカウント情報や認証機能を冗長化し、可用性を向上させる機能
外部LDAP/AD認証連係機能*1 外部のLDAPやActive Directory®のアカウント情報を参照して認証する機能
内部LDAP登録連係機能*2 外部のサーバーからLDAPプロトコルで内部アカウントの情報を改廃する機能(LDAPバインド)
AD登録連係機能*3 内部アカウントをActive Directory®へ登録する機能
DHCPサーバー機能*4 DHCPサーバーの設定とIPアドレス払い出しを管理する機能(IPアドレス払い出し、サブネット管理、端末管理、DHCPオプション管理、DHCP冗長化)
Shibboleth SP機能*5 Account@Adapter+をShibboleth認証のスイッチ認証SPとして使用する機能
ユーザーツールのログインをShibboleth認証に対応する機能
 VA版動作環境 
 仮想環境  VMware® ESXi 5.1、5.5、6.0
 CPU  仮想CPUをAccount@Adapter+に4個割り当て可能
 RAM  4GB
 HDD  60GB

*1 200および500ライセンスは外部LDAP/AD認証連係オプションが必要 (2500ライセンス以上はバンドル)
*2 内部LDAP登録連係オプションが必要
*3 アドバンスト連係オプションが必要
*4 DHCPサーバーオプションが必要
*5 Shibboleth SPオプションが必要

 

 QuoLA@Adapter マルチOS対応検疫アプライアンス
 持ち込みデバイスを見逃さない、
 見えない端末を可視化する
 特長
 シンプルな動作、操作性、ユーザー画面
  ・検疫特化アプライアンス、高速検疫(端末1台5秒検疫)
  ・易しい管理画面、ユーザー画面でマニュアルいらず
 エージェント事前インストール不要
  ・AD環境もActiveX®も入らない、真の持込環境に応える
  ・非常駐エージェント
 ゆるやかな検疫~厳しい検疫:レベルに合わせた運用
  ・シミュレーションモード(警告モード)で必ずしも遮断しない運用
  ・セキュリティ強化マイグレーション
 さまざまなクライアント環境にフィット
  ・Windows®、Mac OS®、Linux®、スマートデバイスに対応
 運用コスト削減
  ・セキュリティ情報配信サービスによるメンテナンスフリーな運用
  ・冗長化対応、USB定期バックアップ、国産だからこそスピーディで丁寧なサポート
機能一覧*6
機能名 機能説明
検疫機能
パッチチェック
検疫対象:OS、セキュリティパッチ、Microsoft® Office パッチ、
ウィルス対策ソフト(TrendMicro®、Symantec®、 McAfee®、F-Secure®、ESET®)、
セキュリティセンター、OS付属のFirewall、Adobe®バージョン、Javaバージョン、 禁止/必須ソフトウェア、資産台帳
ネットワーク
アクセス制御
検疫を実施したクライアント端末のネットワーク接続を制御する機能
(連係動作確認製品:APRESIA®、ALAXALA®、Aruba、NetSkateKoban®)
セキュリティポリシー
グループ化機能
アドレス単位にクライアントをグループ化し、グループごとに検疫ポリシーを適用する機能
シミュレーション機能 セキュリティポリシーを満たしていない場合でも、満たした状態とみなしてネットワークアクセス制御を行う機能
OS識別機能 OS を識別するための検疫情報をユーザーID の前後に付加し認証する機能
セキュリティ
ポリシー違反
内容表示機能
セキュリティポリシーを満たしていない項目に関する違反内容をクライアント端末に表示する機能
セキュリティ情報
配信サービス
セキュリティパッチ/ウィルス対策ソフトパターン番号を自動取得し、検疫ポリシーに適用する機能
複数の検疫
ポリシーの設定
ネットワーク単位にグループ化し、ブループごとに検疫ポリシーを適用する機能
 VA版動作環境
 仮想環境  VMware® ESXi 5.1、5.5、6.0
 CPU  仮想CPUをAccount@Adapter+に4個割り当て可能
 RAM  16GB
 HDD  300GB
クライアント動作環境
クライアントOS Windows® Vista,Windows® 7,Windows® 8,Windows® 8.1,Windows® 10,Mac OS X, Linux,Android,iOS

*6 クライアントOSによって対応機能が異なります

 

 LOG@Adapter ログ管理アプライアンス
 認証ログを可視化するsyslog管理サーバー
 特長
 ・IPSなどと連係して、不正通信端末をネットワークから自動遮断することが可能
 ・各種機器のsyslog、SNMP Trap情報を一元管理可能
 ・不審なログに対してアラートメールやトラップを管理者に通知可能
 ・APRESIA® NA、AccessDefender®、ALAXALA、QuOLA@Adapter連係機能により、
  ネットワークの利用状況を容易に把握可能
機能一覧
機能名 機能説明
ログ検索機能 AND、OR、NOT、期間指定、機器、グループ、ログレベル、サービスなどでの検索機能
レポート機能 年別、月別、日別、機器別のレポート機能、グラフ表示機能
ログアクション機能 指定したキーワードに一致したログに対して、メール送信、トラップ送信、コマンドを実行する機能*1
バックアップ、
リストア機能
GUIからのバックアップ期間設定、自動バックアップ機能、復旧機能
メンテナンス機能 HDD残量監視機能
APRESIA、ALAXALA、Aruba、QuOLA@Adapter連係機能 スイッチのポート、MACアドレス、VID、IPアドレス、ユーザー名、コンピュータ名の一元管理機能、ログイン時 間、ログアウト時間、ログアウト理由、認証/検疫状況の一元管理機能能
不正通信端末の遮断機能*2 不正通信端末を認証スイッチからログアウトさせネットワークから遮断する機能
 ソフトウェア版動作環境
OS Asianux®Server 4 == Miracle Linux®6 SP3
CentOS Ver.6系またはRed Hat® Enterprise Linux ES6系(64bit版)
CPU Intel® Xeon®2GHz(4コア)相当以上
RAM 4GB以上(最低512MB以上)
HDD SCSIまたはSAS、回転数10,000rpm 以上。RAID構成を推奨
高速書き込みが必要な場合には、RAID1+0を推奨
DB領域とDBのDumpファイルの保存領域は物理的に別パーティションであること

*1 コマンドを実行する機能はソフトウェア版のみサポート
*2 端末遮断オプションが必要

 

SSO@Adapter シングルサインオンソフトウェア
 Windows認証とスイッチ認証(Web認証)、検疫を一度に処理
 特長
 ・ユーザID/パスワードを1回入力することで認証ネットワークにログイン
 ・Windows®ドメイン認証とWEB認証(スイッチ認証)を同時に実行
 ・APRESIA® 、QuOLA連携機能
 機能一覧
 機能名 機能説明  
連係製品 認証 APRESIAシリーズ、AXシリーズ
検疫 QuOLA@Adapter
カスタマイズ ログオン画面 アイコン、ロゴのカスタマイズ
メッセージ メッセージのカスタマイズ
その他 ローミング スイッチのポートを変えても自動的に認証
認証制御 認証フローを柔軟に変更可能
 動作環境
OS Windows® Vista,Windows® 7,Windows® 8,Windows® 8.1,Windows® 10

製品情報

WEBカタログ

高文無線LANソリューション

雷対策ソリューション

このページの上部へ