製品情報

製品情報

【注目商材】河村電器産業(株) ネットワーク環境監視装置

メーカー:河村電器産業(株)

インターネットを利用して19インチラック内の温度・湿度・電圧・電流・扉開閉の監視と、扉の制御が出来る環境監視装置です。データセンターに設置されたラックは元より、オフィスに設置してある単体のラックまで、大小様々な構成に対応可能です。

製品イメージ

製品の特長

  • 温度・湿度・電流・電圧・扉開閉の監視、扉開閉の制御が行えます
  • HTTPサーバー機能でwebブラウザに対応
  • SNMP対応
  • 総合監視ソフトを使用することにより最大で1,000台の監視・制御が可能です

環境監視装置 RP482-LCに各種センサを接続し、必要な項目のみ監視/制御を行うことが可能です。また、総合監視ソフト<Flexible Design View> RP47-FV を利用すれば監視装置を1,000台まで接続することが出来ますので小規模から大規模までカバーできます。

※計測したい項目のオプション機器を接続する必要があります。

 

計測したい項目のオプション機器を取り付けることにより計測が可能となりますので、目的のセンサを選定してください。また、センサはアナログ/デジタルによって本体機器との接続方法が違いますのでご注意ください。

監視可能項目 必要オプション
温度監視

左記監視項目についてはアナログ入力用の1-Wire用 AIユニットが必要になります。このAIユニットを介して環境監視装置 RP482-LCと接続します。

 1-Wire用AIユニット
(アナログ4点接続)

湿度監視
電流監視
電圧監視
扉開閉監視

左記監視/制御項目についてはデジタル入出力になるため、環境監視装置 RP482-LCに直接接続可能です

環境接続装置 RP482-LC の機種により接点数が違います。(最大 16入出力)

扉開閉制御

 

 

ラック内に設置した各種センサの情報を監視・制御するための本体機器です。
本機器1台で、

・温 度 監 視:最大50点 ※1
・アナログ監視 :最大32点 ※1
・デジタル入出力:最大16点 ※2

※1:温度監視点数とアナログ監視点数は両方併せて最大50点までとなります。
※2:デジタル入出力数は機種により異なります。

上記の点数の監視が可能です。また、総合監視ソフト RP47-FVを利用すれば環境監視装置を複数台(最大1,000台)設置することが可能となり、監視/制御点数が多いデータセンター等に最適です。

品名 環境監視装置
品番 RP482-LC
温度入力 最大50入力 [渡り配線 (総延長100m)、アナログ入力点数と併せて50点まで]
アナログ入力 最大32入力 [温度入力点数と併せて50点まで]
デジタル入出力 接点数(入-出) 4-4 / 8-8 / 12-4 / 4-12 ※機種による
端末インターフェイス RS-232C
外形寸法 280(W)x145(H)x44(D)mm
重量 2kg
動作環境 温度:0℃~50℃、湿度:10%~90% (結露無き事)
電源電圧 ACタイプ:AC85V~AC240V 50/60Hz、 DCタイプ:DC40~55V
消費電力 ACタイプ:20VA、 DCタイプ:12VA
製品写真

 

利便性を追求したネットワーク監視装置用ソフトウェアです。監視エリアのグルーピングが自由にできるため、ラック設置規模が大きいIDCや電算室に最適です。

《 特 徴 》

・ユーザー単位/ラック単位/センサ単位 などフレキシブルに監視ウィンドウを作成可能
・レポート機能で1日の最高値と最低値の計測データを1ヶ月単位でPDFにて出力可能
・各種監視データをCSV形式でログデータとして出力が可能
・電気錠を連動させれば一括/任意で開錠/施錠が行えます。

品名 総合監視ソフト<Flexible Design View>
品番 RP47-FV
監視可能台数 1,000台
画面数 階層化可能 (画面数制限無し)
ログデータ 警報履歴、温度・アナログ・パルス測定データをCSV形式で保存可能
背景画像 bmp、jpg、gif、png (サイズフリー)
警報チャイム音 wav (監視装置、ユニット毎に警報・注意・回復の設定が可能)
警報発生 / 回復時の動作 ポップアップ、メール送信、ソフト起動、他の監視装置のDO制御 (連動制御)
監視装置設定内容 ファイルに保存可能
監視ソフト設定内容 自動 / 手動保存可能
対応OS Windows 7 (Pro 32bit)、XP (Pro SP2以上)、Server 2008 R2 (64bit)

 

 

 

製品情報

WEBカタログ

高文無線LANソリューション

雷対策ソリューション

このページの上部へ