製品情報

製品情報

【新発売】YAMAHA 「SWX3100/3200シリーズ」「SWX2310Pシリーズ」

メーカー:YAMAHA

大規模から小規模まで、ネットワーク構築に最適なL3スイッチ「SWX3100/SWX3200シリーズ」と、全ポートから給電可能なL2 PoEスイッチ「SWX2310Pシリーズ」が新たにラインナップに加わりました。

製品イメージ

SWX3200-52GT

製品イメージ2

SWX2310P-28GT

製品の特長

  • 企業内ネットワーク構築に最適なスイッチ
  • 精度の高い端滅死活監視機能
  • パフォーマンス観測
大規模ネットワーク構成例
スタック機能 (SWX3200-28G/SWX3200-52GT/SWX2310P-28GT)
ヤマハのネットワーク機器では初めてスタック機能に対応しました。ネットワークの障害対策と機器の冗長化に対応します。
※スタック機能を使用する場合は、別売りのダイレクトアタッチケーブル「YDAC-10G-1M」「YDAC-10G-3M」を使用してください。
充実した管理/設定機能
「LANマップLight」機能により、スイッチ単体でループや端末の異常状態を確認出来ます。
また、ダッシュボード機能では、スイッチのリソース状態やポートの使用状況をリアルタイムに確認できます。
スイッチの設定もWeb GUIにより簡単に行えます。
死活監視機能
監視方法の組み合わせ(PING疎通確認、LLDP定期通信、受信スループット)による、高精度な端末の死活監視が可能です。 異常検出時の動作(メール通知、SNMP/L2MSトラップ通知、PoE機器の再起動)も選択可能です。
パフォーマンス観測
CPUやメモリーの使用量、トラフィック量を定期的に計測。
期間(時間/日/月)ごとの変動データを1年分スイッチ内部に蓄積します。蓄積データやライブデータはダッシュボード画面で確認出来ます。
蓄積データはmicroSDカードへのバックアップやPCへの保存も可能です。短期的な通信状況の把握や、長期的な需要予測、将来の設備設計に活用できます。
関連オプション
SFPモジュール
YSFP-G-SXA
 SFPモジュール
YSFP-G-LXA
SPF+モジュール
YSFP-10G-SR
SPF+モジュール
YSFP-10G-LR
ダイレクトアタッチケーブル
YDAC-10G-1M
ダイレクトアタッチケーブル
YDAC-10G-3M
RJ-45コンソールケーブル
YRC-RJ45C

製品情報

WEBカタログ

高文無線LANソリューション

雷対策ソリューション

このページの上部へ