落雷対策ソリューション

落雷対策ソリューション

落雷を抑制する新しい避雷針 PDCE

PDCEは一定のエリアへの落雷を抑制することができます。
では、どうやって抑制するのでしょうか?

落雷抑制の仕組み

落雷は雷雲からの「先行放電」と大地からの「お迎え放電」が繋がると発生します。
従来の避雷針は、より高い位置から「お迎え放電」を出し、落雷を自身に誘発させる仕組みです。
それに対してPDCEは「お迎え放電」を抑制し、雷を落ち難くするという仕組みです。

イメージ

従来の避雷針は今から約250年前に出来た技術です。
現代において、避雷針自身に落雷を誘導する方法では建物内の電子機器に被害が及ぶ等の副作用が発生する場合があります。
そのため、従来の避雷針による落雷の事後処理ではなくPDCEによる落雷の事前予防を推奨しています。

PDCE導入事例

PDCEは公共機関や建築物など様々な場所に導入されています。
*下記は設置場所の一例です。

  • 高層ビル

  • 工場

  • 消防署

  • 鉄道

PDCE製品ラインナップ

保護対象・環境等により様々な対応機種があります。
製品の詳しい概要につきましてはメーカーサイトをご覧ください。

サージ対策 エスアールエス社製SPD

PDCEは保護範囲内の直撃雷を抑制しますが、サージについては別の手段での対策が必要になります。
落雷対策ソリューションでは、サージ対策製品としてエスアールエス社製SPDをおすすめしています。

SPDの詳細はこちら

落雷対策ソリューション

WEBカタログ

高文無線LANソリューション

落雷対策ソリューション

このページの上部へ